スタッフの成長がお店の成長なんだ。
だから私は、自分目線を捨てた。
関根 悠
マスターズドリームハウス東京店
店長代理 / 25歳
東洋大学 卒業
2019年
現在に至る
2018年
店長代理へ昇格
2016年
マスターズドリームハウス東京店へ異動
入社、「オールドステーション東京店」にサービス担当として配属される

飲食業界を選んだ理由とダイナックに入社を決めた理由を教えてください。

もともと学生時代に個人経営のバルで3年間アルバイトをしていたのですが、そこで飲食業界で働く楽しさに気がついてしまって(笑)。他の業界で働く自分の姿を想像できなかったため、最初からこの業界に絞り就職活動をしていました。
最終的に複数の会社から内定をいただきましたが、ダイナックを選んだ理由は、多業態であるという点が大きいです。洋食や和食、高級な居酒屋からバーなど、すべての業態をカバーしています。こんなに幅広くカバーしている会社も珍しいですよ。入社してから自分の興味が変わっても、ダイナックなら会社にいながら方向転換できるという自由度の高さが決め手になりました。

休みは取れていますか?また、休日の過ごし方を教えてください。

休みは月8日~9日頂いているのですが、毎回土日休みではありません。ただ、連勤した分、連休を取ることができるので、仕事を頑張れば3連休を取ることもできます。平日に3連休が取れると、土日よりも飛行機やホテル代が安いので、安く旅行に行けるところが嬉しいですね。趣味がスノーボードで、休みが1日取れた時は新潟に滑りに行くこともあります。仕事以外で体を動かすことが、リフレッシュになっています。
そのほか、休日の過ごし方としては友人と飲みに行ったり、ご飯に行ったり、出来るだけ人と会うようにしています。飲食業界で働いていると休みが不規則になりがちで、友人とスケジュールの調整がしにくいところもあるのですが、なるべく人と会うようにしています。というのも、私が普段接しているお客様がサラリーマンやOLの方々ですので、お客様目線を忘れないためにも、会社員をしている学生時代の友人と会うことが多いです。
業界以外の人に会うことで、世間一般の感覚を忘れないようにしたいなと思っています。
もちろん同期や同じ業界の人と会って、色々相談にのってもらったりもしています。

現在の仕事内容を教えてください。学生の頃と今では感じるプレッシャーは違いますか?

入社した当初はアルバイトで働いていた時の延長線上の感覚で、毎日楽しく接客できれば満足していました。でも、私が働いているお店の店長が女性なのですが、間近でバリバリ働いている姿を見るうちに、飲食業界でも女性が活躍できるんだと実感しました。それから、毎日楽しく接客するだけではなく、運営や経営なども覚えていこうと思うようになりました。
業務内容は主に接客なのですが、お店の二番手として発注業務やアルバイトやパートの育成も大事な仕事です。アルバイトの頃には育成をしていなかったので、「私でもできるかな…」と最初はとても戸惑いました。でも、「やるしかないんだぞ」というプレッシャーを周りからかけられ、やるしかない状況に追い込まれたので、どうしたらうまくいくか日々試行錯誤中です。

現在の目標を教えてください

一番身近な目標は、店長になることです。入社当初は責任も少ない副店長くらいのポジションに入れたらいいなと思っていたのですが、上司である店長や他のお店の店長が楽しそうに働いている姿が徐々に見え考えが変わりました。今では、本気で店長を目指しています。店長は、お店を自分色に染められるという点が副店長と違うところです。今はお店の二番手ですので、教育も接客も店長から学ばせていただいています。いつかは自分が店長になって、今まで教わったことを基に、自分のお店を作り上げたいですね。

上司はどんな人ですか?

一言で言えば、今まで見た中で一番気がきく人です。例えば、お土産をよくもらうのですが、私が4人家族だから、と4人分のお土産を買ってきてくれます。普通、そこまで気を回せますか?
仕事中でも、気遣いに加えて、サービスに付加価値をつけるのがうまいなと思っています。本当に些細なことではあるのですが、お客様から「ここに荷物を置いてもいいですか?」と聞かれた時に、「もちろん、いいですよ」と返事をしていたんですね。「いいですよ」というのではなく、「もちろん」をつけていたところが、お客様への気遣いなんだと思います。こうした小さな対応に表れる気遣いが信頼を積み上げ、店長はお客様からとても好かれています。

上司から学んだことはなんでしょうか?

とにかく仕事が誰よりも早い人です。お客様をお待たせしないために、フォークやスプーン、テーブルのセッティングが早く、新しいお客様がいらっしゃったらすぐに案内できる体制を瞬時に作り上げています。この姿勢は、本当に大事だと思い学ばせていただいています。
また、「頼まれた仕事はすぐにやる」という姿勢も学びました。例えば、上司に上げておくべき報告があれば、頼まれる前に上げるとかですね。私が言われて一番印象に残っている言葉が、「頼まれたら催促されていると思え。頼まれる前に行動していなかった自分に問題がある」です。この言葉を胸に、日々仕事をしています。

仕事のやりがいを教えてください

お客様に喜んでいただけるのはもちろん嬉しいことですが、それより嬉しいと思えたことは、従業員がお客様から褒められたときです。私が教育を担当したアルバイトの子がいたのですが、最初は声も出せないくらい緊張をしていました。しかし、接していく中で徐々に仕事を覚え、最終的には自然な笑顔で接客できるようになり、お客様ともスムーズにコミュニケーションが取れるようになったのです。大げさかもしれませんが、その子の人生を変えたような気がしました。入社した当初は、自分の接客でお客様に喜んでいただければ、お店の評価にも繋がると自分視点で考えていました。でも、今は周りを生かすことが大切だなと感じています。特に社員であれば、仕事のパフォーマンスが高いのは当たり前です。それよりも、周りをよくしていくのが社員の務めであると思うし、それがやりがいにもなっています。

ある日の一日の流れ

9:00起床
11:00出社 オープンの準備をする
11:30ランチ営業開始 メールと予約を確認 ホール業務
15:00ランチが終了 休憩と事務作業 発注
17:00ディナー営業開始
23:30営業終了 片付け
0:00退勤
0:30帰宅
3:00就寝