一番のやりがいである「接客」スキルの成長を止めないために、
サービスコンテストに挑戦し続ける
パパミラノサピアタワー店
店長 / 31歳
2020年
現在に至る
2019年
パパミラノサピアタワー店へ異動
2018年
パパミラノ八重洲店へ異動
2016年
店長へ昇格
新店の魚盛飯田橋店へ異動
2015年
店長代理へ昇格
2012年
入社、「魚盛浦和店」にサービス担当として配属される

ご自身の就活を振り返り、当社に入社を決めた決め手を教えてください。

学生時代に飲食店でアルバイトをしていて、飲食に興味を持ち社員として働きたいと思っていた時に、ダイナックのホームページを見つけました。事業内容を見ると、元々アルバイトしていたバー業態もあり、洋食業態、和食業態もあったので、色々な経験が積めるだろうなと思えたのが大きなきっかけでした。

挫折した経験はありましたか?その経験をどのように乗り越えましたか?

新入社員の頃に配属された店舗での出来事です。元々飲食店でアルバイトをしていてアルバイトリーダーもしていたので、その延長線上で働くだけだと思って天狗になっていた自分がいました。しかしいざ自分が社員になってみると、他の店長や調理長、社員、フリーターの方から思いもよらないことをたくさん言われて板挟みになり、キャパオーバーして泣くこともありましたね。チャンバー(冷蔵庫)で…

和食業態から洋食業態への異動が決まった時、どう感じましたか?

和食業態の魚盛にいた時は5年半くらいやらせてもらって、その後にずっと希望していた洋食業態へ異動させてもらいました。入社して1、2年は早く異動したいと思っていたのですが、3、4年目になってくると和食の良さを感じていたり、洋食では出来ない営業もあるので、そこに楽しさを覚えたりしていました。

結局、洋食業態に異動する時には「和食と離れるのか…」と離れがたく思ってしまいましたが、洋食に異動したら異動したで、やはり自分のやりたいこともあったので今はとても楽しいです。ので、今は和食には異動したくないです(笑)

ただ、私は元々接客がとても好きでこの仕事をしているので、どこにいてもやることは変わらないんですよね。食材や資材、商品が和食と洋食では全く違うのですが、その延長線上にいるのはお客様であって、一緒に働く仲間も同じですし、やりたいことは最終的には変わらないですね。

やっぱり私は飲食が大好きってことです。

社内サービスコンテスト「D1グランプリ」、社外サービスコンテスト「S1グランプリ」に出場しようと思ったきっかけは?

コンテストへの挑戦のきっかけは、やはり元々接客が好きだったということですね。そして順位をつけてもらえるというのも好きで、自分の接客って客観的に見てどの立ち位置なのか?というのを知りたくて、まずは興味本位でエントリーしてみました。そうしたらまわりにはやはりもっとすごい方がたくさんいて勉強になった、なので何度も何度も挑戦した。という感じですね。

今は社外サービスコンテストのS1グランプリに毎年出させて頂いているのですが、店長になって「店長の接客のこういうところを直した方が良いよ」というのは現場では言われないんですよね。自分の中での成長が、一番やりがいにしていた接客という「柱」に於いてはストップしてしまうのは嫌でしたし、他社の方の本気の接客を見ることによって刺激を受けて、マネジメントだけでなく接客の部分でも成長していきたいと思っているので挑戦し続けています。

教育に関して心がけていることは?

大学生のパートナー(アルバイト)さんが多いので、飲食店の仕事を教えるというよりは「仕事にどう取り組むか?」を教えることを心がけています。

やはり飲食店のアルバイトをやってくれているので、飲食に興味を持ってほしいという気持ちはあるのですが…それぞれ夢や目標を持っている子が多い中で、いざ大学を卒業して社会人1年目になった時に「仕事にどう取り組むか?」を知っているというのはとても大切なことだと思うので、社会人としての姿勢などを教えるように心がけています。

現在の目標を教えてください。

店長をやらせてもらって6年目になったので、上席店長という一つ上の役職を目指したいと思っています。

もう少し長期的な目標ですと、今のお店がとても好きなのですが、パパミラノの中でもショルダーネームを持っている「銀座ワイン食堂パパミラノ」が自店も含めまだ3店舗しかないので、この3店舗でしっかり実績を残して4店舗目、5店舗目…の出店が出来れば良いなぁと思っています。

どんな方に入社してほしいですか?

「心でお客様をいっぱいに出来る人」が良いですね。今はメニューのタッチパネルなどAIが進む中で仕事が簡素化されていっており、お客様と触れ合う機会がとても少ないです。

でもそこに甘えず自分で足くばりをして、お客様に声をかけておすすめして、笑顔を見て喜んでもらって、お腹だけじゃなくて心からいっぱいになってほしい!という想い…自分もそうなんですけど、そういう想いで働けるガッツがある、やる気がある、飲食が好き、ヒトが好きな子が来てくれるとすごく嬉しいですね。

ある一日の流れ

10:30出勤
当日の予約・メールチェック
11:00ランチオープン “一生懸命営業”
15:00ランチ終了
事務作業(会議資料作成・ネット精査)
16:00まかない&休憩 “一生懸命休む”
17:00ディナーオープン “一生懸命営業”
23:30営業終了&帰宅

OFFの日の過ごし方

8:30起床
娘に離乳食~10:00過ぎまで娘と遊ぶ
11:00娘と一緒に昼寝
12:00家族でお出かけ(買い出し、ショッピング、家探し、外食など)
17:00娘に離乳食~娘と遊ぶ
20:00娘を寝かしつけ
⇒晩酌(一人時間を満喫)
23:00就寝