Staff Blogスタッフブログ

サントリー登美の丘ワイナリーと白州蒸溜所見学へ行ってきました!【内定者研修】

みなさんこんにちは
人材開発部の小西です
今日は【2019年度内定者】と行った研修の様子をご紹介します

先日、1泊2日で登美の丘ワイナリー白州蒸溜所に行ってきました!
登美の丘ワイナリーとは・・・
「良いワインはよいぶどうから」という想いから、自園産ぶどう100%にこだわっており
“品種ごとに最適な土地で育てる”という鉄則に則って、土壌づくりから徹底して行っているサントリー日本ワイン【ワイナリー】の一つです。
ここでは、実際にぶどう園へ足を運び、品種ごとに並ぶぶどうの木を見て
育て方の違いを教わったり、
ワインセラーと樽熟庫内を案内してもらい、歴史を垣間見てきました
最後にワインのテイスティングも行い、内定者メンバーは目で・鼻で・舌で
違いを体感してきました

白州蒸溜所とは・・・
南アルプス甲斐駒ケ岳の麓・白州にて開設されたサントリー第二の蒸溜所で、
日本初のモルトウイスキー蒸溜所である山崎蒸溜所とはタイプの異なる新たなウイスキー原酒づくりをしています
ここでは、ウイスキーの製造工程を学び、木桶発酵槽や蒸溜釜は
サントリーグループ会社の特権として(!)一般のお客様がご覧頂けないエリアまでお邪魔して、間近で見ることが出来ました!
最後は5種類のウイスキーのテイスティングと、ダイナック店舗でおなじみの
ジムビームと角をハイボールでテイスティングし、
製造国によって異なるウイスキーの違いもしっかり学んできました

どちらの見学の際も、一生懸命話を聴いてはメモを取っている内定者メンバーの姿を見て、
●年前の内定者時代の自分を思い出しましたsmiley
当時の自分は、まさか引率側としてこの研修に関わる日が来るなんて
考えもしなかったです・・・!

ホンモノの作り手から話を聴き、自分の五感を使って学ぶことにより、
お客様に味や歴史を伝えていくのは自分たちなんだと
少しずつこれから実感していくようになる彼らを
ゆっくり見守っていきたいなと感じた2日間でした!